科研費等の研究

  • 二〇十四年~ 科学研究費基盤研究(C)
    『中国社会の秩序生成原理の探求~場に立ち現れる「理」~』(代表者 安冨歩)
  • 二〇十三年~ 科学研究費基盤研究(B)
    『黄砂発生地域における表層土壌回復のための社会的経済的アプローチ』(代表者 深尾葉子)
  • 二〇〇九年~ 科学研究費基盤研究(B)(一般)
    『黄砂のグローバル・マネジメント~地域研究による環境問題への実践的対処の試み~』(代表者 深尾葉子)
  • 二〇〇九年~ 科学研究費基盤研究(A)
    「共同体」概念に依拠しない秩序形成の理論歴史学~魂の脱植民地化の新しい展開~
    課題番号 21242015 (代表者 安冨歩)
  • 二〇〇七年~二〇〇八年 科学研究費基盤(C)(一般)
    『黄砂発生の社会的機構』 (代表者 深尾葉子)
  • 二〇〇七年 全国銀行学術研究振興財団
    『マーケットからバーザールへー多文化経済学の試み』(代表者 安冨歩)
  • 二〇〇七年~二〇〇八年 科学研究費基盤研究(B)
    『魂の脱植民地化』(代表者 安冨歩)
  • 二〇〇六年~二〇〇九年 科学研究費(A)
    『着衣する身体と女性の周縁化』(代表者 武田佐知子)
  • 二〇〇五年~二〇〇七年 科学研究費、基盤研究(C)
    『中国東北・華北・黄土高原の農村市場構造の地域差と、その歴史的含意』(代表者 安冨歩)
  • 二〇〇五年~二〇〇六年 科学研究費 学術図書出版助成
    『黄土高原的村荘』(代表者 深尾・井口)
  • 二〇〇四年~二〇〇七年 トヨタ財団(A)
    「内モンゴルアルカリ土壌の改良と乾式脱硫プロセスの普及」(代表者 定方正毅)
  • 二〇〇三年~二〇〇六年 三菱財団研究助成(代表者 安冨歩)
    『中国農村社会機構の研究—歴史学とフィールドワークの手法による黄土高原・華北・満洲の比較—』
  • 二〇〇三年~ 平和中島財団
    『糞尿液肥化技術とバイオブリケットによる黄土高原の環境回復』(代表者 安冨歩)
  • 二〇〇二年~二〇〇三年 三菱銀行国際財団
    『黄土高原生態回復研究組』(代表者 深尾葉子)
  • 二〇〇二年~ 日中友好協会
    『なぜ日本は「満洲」を支配し得たのか』(代表者 安冨歩)
  • 一九九九年~二〇〇一年 文部科学省科学研究費、基盤研究
    『メコン河集水域における自然と文化の相互関係にかんする生態史的総合研究』(代表者 赤木攻)、研究分担者・事務局担当
  • 一九九六年~一九九八年 文部省科学研究費補助金の特定領域研究
    『現代中国の構造変動』(代表者 毛利和子)環境班(代表者 小島麗逸)、研究分担者
  • 一九九六年~一九九九年 三菱銀行国際財団助成
    『日中共同華北農村調査団』(代表者 深尾葉子)
  • 一九九四年~一九九六年 三菱銀行国際財団助成
    『日中共同華北農村調査団』(代表者 深尾葉子)
  • 一九九二年~一九九四年 三菱銀行国際財団助成
    『日中共同華北農村調査団』(代表者 深尾葉子)